印鑑づくりはまさに職人のなせるわざ

  • RSS

印鑑といっても全て機械で彫るものから、一部手彫りのものなど様々ですが、熟練した職人さんが作る全て手彫りの印鑑は、どのような工程をふんでできあがるのでしょうか。気になったので早速調べてみました。

1.印面摺り 彫る面をヤスリで整えます。これは簡単な作業に思えますが、意外に難しく大切な工程です。
2.朱打ち 朱墨を塗って下地を作ります。
3.字割り 文字の大きさを揃えたり、ゆがんだりしないよう、印面に鉛筆で割り付けします。この作業をきちんとしないとバランスが崩れてしまいます。
4.字入れ 印面に彫刻する文字を直接書いていきます。はんこの出来はこの字入れで決まるといってもよいくらいに大切な作業。印稿といって下書きをし、文字の形を十分に検討してから字入れをします。
5.粗彫り 印刀とよばれる刀を使って彫っていきます。印刀は一号刀から五号刀とあり、彫る場所によって使いわけます。
6.墨打ち 粗彫りが終わったらもう一度ヤスリで磨き、字入れの墨を落とした後、新たに墨を打ちます。
7.仕上げ 仕上げ刀を使い、文字の形を整えます。職人の腕が試される大切な最終工程です。
8.捺印 実際に捺印し印影をチェックして、修正を繰り返して完成です。

あの小さな印面にこれだけの工程をふんでできあがる印鑑はまさに職人のなせるわざ。全て手作業のため、機械ではできない細かいところまで手が届き、美しい印鑑ができます。
また、オンリーワンの印鑑ですから、悪用されない安全なものができます。これだけ大切に扱われていると知ると、愛着が何倍にもふくらみそうですね。

〔話題のサイト情報〕
印鑑の購入で迷っていませんか?
価格やレビュー、ランキングから、はんこのお得な口コミ情報をゲット!
⇒印鑑の比較・検討なら「印鑑ネット」へ

このページの先頭へ